« 【Q】抗体とDNAの関係について | トップページ | 【Q】DNA鑑定(推理ドラマでよく使われる)って? »

2006年4月10日 (月)

【Q】ヒトの起源について

 カフェから1ヶ月以上がたちましたので、いろいろな記憶も薄らいできたのではないかと思いますが、こちらとしては宿題を終わるまでは頑張りたいとおもいますので、よろしくお願いいたします。今回はヒトの起源についてのいろいろな質問に、ヤマトヒメミミズの幹細胞を研究している杉尾さんが答えてくれます。(カフェの翌日の道新に、写真がばっちりでていた人です。カメラマンには受けが良いのかもしれません。)

Q1: 現人(新人)は約10万年前、一人のアフリカ女性から生まれ拡散したというが本当か?(君の名は)

A1: 現代人(新人)は20万年前のアフリカにいた一人の女性から誕生したということを証明する報告があります。これはミトコンドリアのDNAの中にある特定の塩基配列を調べることにより、明らかになりました。ミトコンドリアとは、細胞の中で酸素を使ってエネルギーを作り出す細胞小器官のことで、卵にも精子にもミトコンドリアが存在します。しかし、受精の際に卵は父親の精子から核だけしか受け取りません。したがって子供はミトコンドリアを母親の卵からのみ受け継ぐことになります。
 このように子供がもつミトコンドリアは必ず母親に由来するということが、人類の起源を知る上でとても重要になります。(杉尾)

Q2: 確率統計は必ず前提(仮説)や誤差があるがもっと研究が進めば違ったなんてことはないか?ミトコンドリアではなく核のDNAを使ったら違う結果(例えば原人や旧人の血が混じった)がでる可能性は?(君の名は)

A2: ミトコンドリアのDNAだけでなく核のDNAであるY染色体の塩基配列を使っても、人類の起源を探る研究がされています。そして、全ての現代人の祖先がアフリカ起源であることがわかっています。研究が進めば仮説が違ったと言うことは全ての研究においてありえることだと思います。しかし、ミトコンドリアDNAとY染色体のDNAの両方を使った実験で支持され、さらに化石の調査研究によっても仮説をサポートする結果が得られているので、今のところ「現代人はアフリカの一人の女性から誕生した」という説はもっともらしい仮説だと私は思っています。
 ちなみにY染色体は必ず父親から受け継ぐものなので、ミトコンドリア同様、人間のルートを探っていくのに都合の良い遺伝子です。核にある他の遺伝子は両親から同等に受け継がれるため、1世代さかのぼると先祖が2人になり、もう1世代さかのぼると先祖が4人になり・・・と、世代を遡れば遡るほど複雑になって行きます。さらに、これらの遺伝子は、減数分裂の時に組み換えがおこるため、世代ごとの情報がごちゃ混ぜになってしまいます。そのため、Y染色体以外の核のDNAで祖先をたどることはほとんど不可能だと思います。(杉尾)

 この答のように、ヒトの場合にはミトコンドリアのDNAをたどれば女系の系譜を、Y染色体DNAをたどれば男系の系譜をたどることができます。もちろん、現時点ではこうだろうというふうに信じられていることでも、99.9%は仮説という科学の大前提から逃れることはできませんので、この仮説が将来どうなるかは誰にもわからないのですが、まあ信じていても大丈夫だと、私も思います。

 さて、杉尾さんは、3月18日の「このまま時がたつと今の人間から別のDNAをもつ新人間のような集団が将来現れますか」のコメント欄にある「ネアンデルタール人が新人に進化したと解釈すべきでしょうか、それとも「イヴ仮説」的に捉えるべきでしょうかということについてもコメントしてくれました。

C: ネアンデルタール人が新人に進化したと解釈すべきでしょうか、それとも「イヴ仮説」的に捉えるべきでしょうか。(のべ)

A: 人類の起源をめぐる仮説として「多地域進化説」と「アフリカ単一起源説(ミトコンドリア・イヴ仮説)」の二つがあります。「多地域進化説」とは、現代のアジア人は北京原人から、現代のヨーロッパ人はネアンデルタール人から、というように、人類は世界各地で別々に進化を遂げたという説です。「アフリカ単一起源説」とは、現代の人類の祖先はアフリカに生まれ、その後各地に広まったという説です。ミトコンドリアDNAを使った研究結果が得られる前は「多地域進化説」が優勢でしたが、近年では「アフリカ単一起源説」がもっともらしいと考えられています。(杉尾)

 確かに、この説明が現在ではもっとも有力な仮説ですので。しかし、研究者の中にはネアンデルタール人とホモ・サピエンスに混血があったのではないかと推測している人もいるようです。時期的には混血していても不思議はないと思うのですが、混血児に子孫ができにくいというようなことがあれば、混血の証拠は遺伝子にはなかなか残りにくいと思います。

 いずれにせよ見た人はいないのですから、99.9%は間違いないとしても仮説は仮説です。

|

« 【Q】抗体とDNAの関係について | トップページ | 【Q】DNA鑑定(推理ドラマでよく使われる)って? »

コメント

ご教示ありがとうございます。人類進化とDNAを分かりやすく(大学教養程度の知識で)解説した本、教科書はありませんか?

投稿: 君の名は | 2006年4月11日 (火) 12時12分

君の名はさん、コメントありがとうございます。
回答を書かせていただいた杉尾です。

今回の回答を書くにあたって参考にした本の一つを紹介します。
『イヴの七人の娘たち』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789717593/qid=1144755123/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/503-0349088-6840707

この本は人類遺伝学者が書いた現代人の起源についての本です。とても有名な本なのでご存知かもしれません。

この本をお薦めする理由
・研究者が書いているため研究の裏側が見えて、興味をそそられます。自分の知らない世界を垣間見たという感じになります。
・第2章にはDNAについての過不足のない説明があり、DNAについての小ネタも含まれているので面白いです。
・ミトコンドリアのDNA配列から、どのように起源や進化を探り当てていくのかが丁寧に書かれています。このことを理解すると人類だけでなく他の生物の進化に関する研究がどのように行なわれているかも理解できるようになるかもしれません。
・後半に書かれている七人の娘たちの生活については、著者の想像の世界というか、フィクションぽい印象を受けます。しかし、私はこの部分も物語として好きです。
・この本は全体的にわかりやすく書かれていますが、DNAについて全く知識がない人には難しい本だと思います。大学教養程度のレベルであれば十分に楽しむことができると思います。

投稿: sugio | 2006年4月11日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64130/1357510

この記事へのトラックバック一覧です: 【Q】ヒトの起源について:

» 黒と白との細胞 生命の要 ミトコンドリア [宮沢賢治の風 from 北海道]
月齢 24.7日  ■ミトコンドリア・イヴ■  瀬名 秀明氏のベストセラーパラサイト・イヴを読んだことがある。  ミトコンドリアの中に隠れ住んでいた「イヴ」が 代々、女性の体から体に遺伝して現代にとうとう目覚め、人類に反乱を起こす話だ。  ミトコンドリ...... [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 23時09分

« 【Q】抗体とDNAの関係について | トップページ | 【Q】DNA鑑定(推理ドラマでよく使われる)って? »