« シンポジウム関連の話題 | トップページ | 【Q】抗体とDNAの関係について »

2006年4月 1日 (土)

【Q】1番長いDNAを持っている生き物は何ですか?

 今回もまたおもしろ遺伝子の紹介をしてくれた川本さんが答えてくれます。

Q: 1番長いDNAを持っている生き物は何ですか?(モリキン)

A: DNAの長さとは、すべての塩基をならべた数、つまりゲノム量ということになりますが、これはゲノムがほぼ解読されないと、当然どれくらいあるのかわかりません。また、ゲノムが解読されている生き物も、されていない生き物もいます。ですから、「今の時点でゲノムが解読されている生き物のなかで、一番長いDNAを持っている生き物は何か」という問に対する答えになります。
 その生き物は、Fritillaria assyriacaという、ユリの仲間の植物です。総塩基数が1200億あります。ヒトが30億、ショウジョウバエが1億8000万ですからずいぶん長いですね。ユリとヒトとハエのゲノム量はずいぶん違いますが、遺伝子(実際にタンパク質になって働く塩基の部分)の数はそれほど変わらないと考えられています。その代わり、ユリでは遺伝子以外の部分が多くなっています。つまり、ゲノム量と生き物の複雑さは、常に直接的な関係があるというわけではない、と考えられています。
 一方、大腸菌の総塩基数は460万、λファージ(大腸菌に感染するウィルス)は4万8000で、ずいぶん少ないです。
 シンプルな体のため、遺伝子の数が少なくてすむということもありますが、総塩基のほぼすべてが遺伝子であるということもその理由からです。λファージでは、自分の遺伝子だけではなく、感染した大腸菌の遺伝子を使うことまでします。DNAの長さも、使われ方も生き物によっていろいろある、ということですね。(川本)

 30億の塩基対を持つDNAの長さは総延長が約2メートルということですから、ここで出てきたユリのDNAは総延長が80メートルにもなるのですね。それが目にも見えない細胞の中にあるさらに小さな核の中に折り畳まれているのですから、すごいものです。

 動物では、両生類の中でも尾のあるイモリやサンショウウオの仲間のDNAが多いと言われています。

|

« シンポジウム関連の話題 | トップページ | 【Q】抗体とDNAの関係について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/64130/1243354

この記事へのトラックバック一覧です: 【Q】1番長いDNAを持っている生き物は何ですか?:

» 青いユリが誕生する? [メディアplus]
自然界に青の色素はありません。ツユクサの花にみられる青色はアントシアニン系の色素で、金属イオンの状態によって独特の青色がつきます。 しかし、それを食用に用いようとしてもきれいな青色を出すことは出来ません。 なので、青いゼリーなどは人工の青色1号などを使用しています。 それはともかく、今回のユリについては、もともと青色色素は持たないので、遺伝子組み換え技術を用いて青色の色素遺伝子を他の植物からうつしたよう... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 18時12分

« シンポジウム関連の話題 | トップページ | 【Q】抗体とDNAの関係について »