« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006年6月30日 (金)

新しい回答がどんどん追加されています。

 6月10日には、宮本さんが【Q】どうして「組みかえ植物」が「非組みかえ」と受粉できるのに答えています。

 さらに京都からは、高橋さんが【Q】遺伝子組みかえ作物はどこがどのように危険なのか【Q】長沼町の遺伝子組換作物と遺伝子治療の人とを同等に論じて良いか?に答えています。

 6月9日には、中村さんが【Q】DNAはからだに良いかに答えています。

 6月8日に、質問【Q】大腸菌の中でヒトのDNAが正しく複製できるのはなぜについて、講師の寺前さんがお答えしています。

 続いて【Q】大腸菌の遺伝子は何を作っているのですかにも、寺前さんがお答えしていま
す。

 さらに【Q】牛やブタからとったインスリンにはBSEの心配はないのですか?にも寺前さんの答があります。寺前さん、大活躍です。

 6月7日に、質問【Q】遺伝子はどうやってヒトの形をコントロールしているのかについて、講師の遠藤さんがお答えしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

質問はこちらにどうぞ(2)

 このエントリーの下のほうにある「コメント」をクリックし、さらに出てきた「コメントを書く」をクリックして質問を書き込んでみてください。

 名前は本名でもペンネームでも構いません。メールアドレスやURLも書かなくても構いません。

 あるいは、左上にあるプロフィールの中にある「メール送信」をクリックして、私にメールを送っていただいても結構です。

 いずれにしても、お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »